息子とゲーム

最近息子がポケモンゲームにはまってしまいました。スーパー等にある大型のゲーム機なのでお金をきちんと考えて使うことで私もちょっとぐらいいいかな?と思って始めた矢先の事でした。子供がはまるスピードって凄いですよね。任天堂DSやPSPといったゲームは今の所何となく禁止にしています。息子自体それほど興味を持っていないのでこのままあえて親である私がゲーム機を進める必要はないよね?と思いつつゲーム機には手をつけていないといったところです。しかしゲーム好きの主人は違うようで、息子と一緒にDSゲームをしている姿を目にしたとき、思わず主人に「どうしてゲームを知らない息子にゲームを教えるの?」と言ってしまいました。ゲーム好きな彼はあまりぴんとこなかったようで、楽しいからしているぐらいにしか考えていなかったようです。それも当然の理由の一つではあるのですが、ゲームをすると目も悪くなるし、イライラするようになり感情をコントロールできなくなったり、まだ幼い息子にとっては時間の感覚もわからないので長時間ゲームをしてしまったりと悪いこともあるんだよ!という事を説明すると納得してくれたようです。楽しい親子の時間を奪ってしまった気がしてちょっと反省しましたがやはりゲームはそのときがくるまであえて進めてする必要もないかな?と思っています。

乾燥肌、敏感肌に悩む女子高生へのプレゼント

最近は中学生や高校生でもお化粧をしている女性が増えてきました。高校生ぐらいの年頃の女の子は大人の女性に憧れるものです。ちょっと背伸びをしてみたくなる時期なのかもしれません。せっかくの若い健康的な美しい肌を、お友達が使っているからという理由で、こだわりのない自分の肌に合うかどうかもわからない化粧品を手にとって肌に塗っているのを見ると、親でなくても大丈夫?と止めたくなりますよね。若くて美しい肌をいつまでも成長期のこの時期にこそ大切にして欲しいものです。ただ、お肌のケアはお化粧とは別の問題です。若いと新陳代謝が活発で、オイリーな肌ゆえににきびに悩んだりしている女の子も多いと思います。逆に、乾燥していて肌がピリピリとする感覚に悩む女の子もいると思います。人それぞれ肌の悩みは異なりますよね。高校生という多感な時期、体も心も日々成長をしている時期ですよね。肌も同じです。大人になる前のベースを作る大切な時期に、きちんとした肌のケアが将来を左右するといっても過言ではありません。そんな乾燥肌に悩む女子高生へのプレゼントとなると、何を贈ると喜んでもらえるか想像すらできませんよね。ただ、大人と違ってむやみに化粧品でごまかせない時期なので、隠すこともできず、肌の悩みは本当に深刻だと思います。今は無添加の化粧品の種類が豊富になりました。敏感な肌の方はまず化粧品の添加物が気になりますよね。できれば、無香料、無着色、無添加で、保存料のない化粧水を選ぶと肌に負担が少ないと思います。通信販売でも購入できるので、ファンケルや、オルビス、DHCといった高品質で、お手頃な価格の肌に優しい化粧品をプレゼントしてはいかがでしょうか。品質重視で選んだ化粧品は特に若い方には安心して使えると思います。人生初の化粧品は、品質にこだわった安心、安全なものを大人が選んで贈ってあげたいですよね。その化粧品次第で贈られた女の子の美への意識も違ってくるのではないでしょうか。見た目重視ではなく、体に良いもの、肌に良いものへのこだわりを若いうちから是非身につけて欲しいと思います。通販や、店舗で手にとって説明を受けながら購入するのは女子高生にとっては購入すること自体難しかったり、少し恥ずかしくて抵抗があるという方もなかにはいらっしゃると思います。最初に贈った化粧品が手に入りにくいものだと、リピートするのも難しくなります。比較的近くのドラッグストアで手に入れることが出来るものだと贈られた女の子も嬉しいですよね。例えば敏感肌用の化粧品のアルージェは、乾燥肌やアトピー質の肌の方にとても優しい化粧品です。その他、ロート製薬が作っている肌ラボシリーズもお手頃価格ですが高品質で肌に優しいのでオススメです。女子高生は化粧品を手にすることが初めてです。なるべく肌に優しい、刺激の少ない化粧品を選んでプレゼントすると抵抗なく使ってもらえそうですよね。カバー力のある、刺激の強い化粧品を塗り重ねるのではなく、本来の肌が持つ美しさを壊さず補うような目的で化粧品を選ぶと良いでしょう。そんな化粧品をプレゼントすると素敵な女性になるお手伝いができそうですね。

コンテンツ

トピックス

個人消費振るわず 想定に狂い

USJ8月入場 過去最多133万人

デング感染の紗綾 徐々に回復

たけし 氷水発言について語る

済美・上甲監督死去に悼む声